QLOOKアクセス解析

2012年12月26日水曜日

【北京旅行】準備 切符の手配

突然ですが、来月北京に行ってきます。出張とかではなく、完全にプライベートな旅行。しかも1月25日~2月2日までと、まるまる一週間。

今の会社有給の翌年持ち越しがないので、年度内に使い切るよう会社から指導されます。

なので、これから年度末にかけて休みを取る人が多く、更に私の部所の親分も年末年始や夏にきっちり一週間程度の休みを取るので、申告もしやすい雰囲気があります。

最近旅行に行ってないなぁと行き先をぼんやり考えていたところに浮かんだアイデアが「そうだ、一番寒い時に一番寒いところに行こう」でした。近場で一番寒いところというとハルビン(近く無いかw) 更に、どうせ行くならひと味違う旅行にしようと考えて、香港~北京を直通列車で移動、北京で数日遊んで、これまた列車でハルビンまで行ったらどうかと。

香港~北京直行列車は1日1本(月により偶数日出発と奇数日出発に別れるため、実質的には2日に一本)出ており、約24時間。北京~ハルビンは1日に数本でていて、列車の種類によって多少かわりますが概ね17時間。

この方針で準備を始めたところ、思わぬ障害が。

中国国内の長距離列車は、約2週間前から売りだされます。更に、香港の旅行社では一般的に中国国内の列車の扱いはありません。唯一、中国旅行社が扱っていると聞いて問い合わせたところ「香港からは10日前からしか手配できない。その間に売り切れたらごめんね」とか。ネット予約もサイトはあるようですが、まともに動きませんでした。何よりも、中国では列車のチケットを買う時に身分証が必要なので、仮にネットで予約しても結局窓口で並んで引き換えなければなりません。

しかも1月末というのは春節直前で、駅の窓口、しかも北京では、どれだけカオスか想像したくもありません。

行くか行かないか(行けるか行けないか)が決まらないと予定が立たず、予定が立たないということはホテルの手配もままなりません。直前になってとれるホテルはスカを引く可能性が高いです。

よくよく考えてみれば、香港~北京往復で24時間×2(プラス、駅での待ち時間1時間×2)、北京~ハルビン往復に17時間×2(プラス、同2時間)と、計86時間、約3.6日が列車または駅の中となり、一週間休みをとっても半分が移動で費やされます。そこまで鉄分多くないです。。。まぁ、飛行機に乗るのが趣味で、飛行機に乗りたいがために移動し続け、地面に足が付いている時間が殆ど無いという旅をする人を知ってますが。。。

まぁそんなこんなで、結局ハルビン行きは諦め、本格的に北京で遊ぶことにしました。

香港~北京直通列車は「港鐵城際直通車」と言いまして、料金表はここにあります。

北京綫/上海綫票費表

24時間コンパートメントにいますので、同室がいるかいないかが大きな問題です。連れがいればまだしも、一人旅ですし。独り占めできたら最高ですが、誰が乗ってくるかわからないし避けようがないので、せめてもの抵抗で一番高い席を買います。この価格表で言うと「高包」というのがデラックス寝台で、HKD1,191(約JPY13,000)。香港人からみると大した額ではありませんが、中国国内視点だととても高いので、多少のリスクヘッジにはなるかと。

駄菓子菓子、ここにも落とし穴が。なぜか北京~香港の同じクラスの寝台が買えません。なんでじゃ、と言うと、北京で買え、と。押し問答の挙句、理由はよくわかりませんが、とにかく買えないことだけはわかりました。かと言って、行った先で列車のチケット買うのに窓口バトルロイヤルに参戦するつもりは無いので、しかたなくその下の軟臥にします。

この部分、中国に住んだことのある人に「いや~、北京からの切符が香港では買えないって言われてさー」と言うと、全員が異口同音に「え”?現地で買うんですか?春節前に?マジっすか?」と本気で心配されます。んで、「や、そう思って、とりあえず取れるチケットを買っておいた」と言うと「さすがですねー」って。
この辺のやりとりから、切符争奪窓口バトルロイヤルがどれほどカオティックか察して頂ければ幸い。

更に、「1月に北京?よりによって一番寒い時に。。なんと酔狂な。。」とも言われますw

てな訳で、ぼちぼち本格的に準備を始めます。

北京でのお楽しみについて、なにか情報があれば教えてください。

0 件のコメント :

コメントを投稿