2012年9月2日日曜日

ネット中毒がひた隠しにしていたインドカレー

このタイトルもホッテントリメーカーを使っています。

最近、どう考えても食べ過ぎです。胃袋的にも財布的にも。。

先週末のアフタヌーンティー、木曜日の鰻につづいて、金曜日には韓国料理をたらふく食いました。

土曜日は広州から来た友人(ちょっと微妙)を迎えて、インドカレーを堪能してきました。



香港は九龍の目抜き通りであるネイザンロード( 彌敦道)にチョンキンマンション(重慶大厦)という建物があります。ウォン・カーウァイ監督、金城武、トニー・レオン、フェイ・ウォン主演で有名な映画「恋する惑星」の舞台にもなりました。この映画の原題は「重慶森林」です。また、両替屋やバックパッカー向けの安宿がある事も知られています。
ここにはインド系、ネパール系の人が多く集まっていて、ビルの前では「シャッチョー!ニセモノトケイ!ろれっくす!ミルダケ!」と連呼する人がいるので、独特の雰囲気があります。女性は近づくこともできない人もいるようで、私の香港朋友(女性)は「あんな所に両替屋があるなんて知らない!入ったことないし、私の友人でも入った人は知らない!」と言って、恐れていました。

まぁ分からなくもないですが。

両替や安携帯、SIM、インド系DVD、衣服、バッグなどの店が並ぶ中、インド系食材屋やカレーレストランも沢山あります。ナンと一緒に食べるインドカレーの店で、両手を使っても怒られませんw 私は普段は階段登って左手奥のカレー屋で食べるのですが、今回はスペシャルゲストということもあって、以前ジャパナビのりえさんに「重慶大厦E座7階に美味しいカレー屋がある」と教えて頂いたのを思い出し、突撃してきました。

今回行ったのはKhyber Pass 咖喱王。重慶大厦は座(棟)ごとにエレベーターがわかれているので、乗り間違うと一旦下に降りてこなくてはなりません。実は私は良く知らなかったのですが、重慶大厦を良く使う友人も一緒だったので、さくさくとエレベーターに乗ります。

狭いエレベーターで7階に上がるとMembers Onlyと書かれたドアがありますが、構わず中に入りますw 入った所でお酒を飲むかどうか聞かれます。きっとムスリムなどお酒を飲まない人たちのために別室があるのでしょう。

席に座ってメニューを広げます。基本戦略はタンドリーチキンとカレー。カレーは3人で一種づつ頼み、シェアする。ナンとライスは適当に、でした。

3人のうち1人が二日酔い気味だそうで、「思いっきり辛いの頼んでいいですか?」と断りを入れたあと、ウェイトレスに「Which is the hottest curry?とかなんとか聞いてます。大丈夫か。。。と思いつつ、私はマトンカレー、もうひとりはチキンカレーを頼みます。羊肉好きなんです。それも思いっきり臭いのがw

まず出てきたのはお通し。
チップスとペースト。
このペーストがまた辛い。ウェイトレスは「It's bit spicy」とか言ってましたがbitじゃねーよ。最初はエジプトのタヒーナみたいなものかと思いたっぷりよそってパクリとやるところでした。あぶねえ。。



タンドリーチキン。

好物なもので、思わず食い散らかしてから写真撮ってないのに気が付きました。すみません。。4ついり。しっとりとしたお肉と香ばしく焦げた外側が美味。




おビール。


普段から青島ビールとかは飲んでるので、インドビール(?)にしました。これがチリチリに凍る寸前まで冷やしてあって美味。コロナのように直接瓶から飲みます。







じゃーん。いんどかれ~!(大山のぶ代さんの声で)

一番奥のが一番辛いやつ。名前失念(だめじゃん)。具は魚です。手前がマトンカレー。中辛。右手奥がチキンカレー。見るからにマイルド。



ナン登場。

プレーンナン。






チーズナン
これがウマシ!辛いカレーも幾分マイルドにくるんでくれます。これらナン2種にライスを頼みました。ちょっと多いかなと思いましたが、ライスは頼んで正解でした。




その「名前を忘れた一番辛いカレー」ですが、辛いものによくあるように、食べた瞬間はそうでもなく、ン?こんなもん?という程度。その後、アフターバーナーに点火したかのように辛さが口の中でドン!と爆発。しかも後をひく。その後で食べたものの味がわかりませんw

ナンも良く食べましたが、ライスが一番売れ行きが良かったような気がします。そうでもしないと口の中が辛くて。。

件の二日酔い氏は辛いのを頼んだ責任を感じてか、汗をかきながら体をくねらせ、顔のデッサンが狂ったままカレーを食べています。なんかこわいw

残りの二人は自分の責任分担であるマイルドなカレーでまったりおしゃべり。

口休めにサラダか豆料理でも、と思ってたのを失念してたのですが、どう考えても食べきれなかったので、頼まなくてよかった。。

ビール4本、カレー三種、ライス、タンドリーチキンで計HK$360。大体香港で男性数名で飲み食いしても130~150/人程度で収まることが多いです。先日の鰻がいかに高いかお分かりかと。

お勧めされるだけあって、とても美味しかったです。席もあっという間に満席になりました。お国の人も多かったですが、香港人も多数いました。香港人の食に関するアンテナはすごいものがあって、食事時に香港人が寄り付かない店は確実に美味しくありません。いつでも人いぱーいで行列ができる所は美味しいです。並んで待ってまでして食べるかどうかは別にして。

こんな風に、アジア諸国の食事が手頃な値段で楽しめるのが香港の良いところです。

さて、次は?(まだ食うのか!)

2 件のコメント :

  1. thanks for sharing.

    返信削除
  2. Your're welcome! Are you restaurant staff? It was nice place, I will go again!

    返信削除